いらなくなったダイヤ、どう処分するのがお得なの?

2019.06.142019.06.14

ダイヤの使われているアクセサリーがいらなくなったからといって、そのまま捨ててしまうのはもったいないこと。後悔しないためにも、どんな風に処分するかはしっかり考えましょう! 買取に出す場合、業者選びにも充分気を配る必要が。どんな点に気をつけるべきかご紹介します。

ダイヤがいらなくなったらまずすべきこと

ダイヤモンドが使われている指輪やネックレス、ブレスレットなどのさまざまなアクセサリー。ダイヤモンド自体の価値は失われませんが、アクセサリーのデザインなどはどうしても古くなっていくもの。次第に使わなくなってしまい、しまいっぱなしになっている物もあるかと思います。

もう必要ないと判断したものはつい処分してしまいたくなりますが、ダイヤモンドという価値あるものを普通に処分すると後々「あのとき捨てずに取っておいていれば」と悔やむ羽目になることも。まずは「なぜいらなくなったのか」「どんな方法で処分するか」ということをきちんと考えるようにしましょう。

いらなくなったダイヤを処分する方法

いらなくなったダイヤを処分する方法として、「アクセサリーをリフォームしてまた使えるようにする」というものもあります。

いらなくなったな、と感じる理由がアクセサリーのデザインにある場合、ダイヤ部分には問題がないわけですから、何もアクセサリーが必要ないからとダイヤモンドまで手放してしまうことはありません。

アクセサリーのリフォームといっても、指輪は指輪、ネックレスはネックレスというように、同じアクセサリーにしか変えられないということはないのも嬉しいところ。指輪は普段あまり使わないという方はネックレスやブレスレットに作り変えられますし、元々複数のアクセサリーについていたダイヤを集めてひとつのアクセサリーの装飾にすることもできます。デザインについても、既製のものからオーダーメイドまでさまざまなので、予算と相談しながら考えましょう。

海外では、家族に代々受け継がれる「ビジュードファミーユ」という宝石があります。祖母から母へ、母から娘へと、人生における何かの節目に贈られるこの宝石は、宝石部分はそのままにアクセサリーとしてはリフォームされることもよくあります。

リフォームしたアクセサリーを自分自身で使うのも良いですが、娘や孫へのプレゼントにするのも良いですね!

ダイヤを現金に替えるなら買取に出そう!

「使わないダイヤは売って現金に替えたい」という理由で処分するなら、一番おすすめなのが業者に買取に出すことです。

注意したいのは、業者によって買取金額に大きな差が出てくるということ。リフォーム業者や買取を専門としている業者に買い取ってもらうことになりますが、どんな業者であっても必ずチェックしたいのが「ダイヤモンドの専門的な知識を持っているスタッフがいるかどうか」です。

正しくダイヤモンドの価値を判断できるスタッフがいなければ、どんなに素晴らしいダイヤでもきちんと評価してもらえません。「GG」や「FGA」など、きちんとした資格をもっている査定スタッフがいるかどうかを確かめてから買取業者を選びましょう!

評判・比較・口コミで選ぶダイヤモンドおすすめ買取店ランキング【最新版】
評判・比較・口コミで選ぶダイヤモンドおすすめ買取店ランキング【最新版】
ダイヤモンドの買取は、販売ルートを確保する体制が整っている買取店を選ぶのがポイントです。ここでは、そんなおすすめのダイヤモンド買取9 社を比較・分析して、現代人気のフリマアプリとネットオークションとも比べ、解説するととも…

関連記事