カラーイエローや蛍光性など、買取に関係するダイヤの特徴

2019.06.142019.06.14

ダイヤの価値によって買取価格は大きく左右されます。ダイヤの基本的な価値を決める「4C」と呼ばれる基準や、カラーグレードにも関係してくる蛍光性、価値を下げる色味ではあっても場合によってはむしろ高く評価されるカラーイエローなど、ダイヤの価値を決めるポイントをご紹介します!

ダイヤモンドの価値を決める「4C」とは?

ダイヤモンドの品質を評価する世界的な基準として定められている「4C」。どういう意味かはよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。

4Cとは、カット(Cut)、カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティー(Clarity)という、Cからはじまる4つの要素の頭文字をとった呼び名です。それぞれどんな意味か見ていきましょう!

カット

カットは、ダイヤモンドの輝きを決めるカットスタイルのことを指します。ダイヤの原石をどのように加工したか、その技術やクオリティーが問われているんですね。このカットの仕方によってダイヤモンドの輝きは大きく違ってきますので、ダイヤモンドの美しさを決めるという意味では特に重要なポイントです。

カラット

カラットとは、ダイヤモンドの重さを表す単位です。重ければ重いほど当然大きくなっていきますから、大きさの単位と勘違いされていることも多いですね。素人目であっても大きさの判断はしやすいですから、ぱっと見ただけでも判断しやすい基準です。

カラー

ダイヤモンドの色合いに関するグレードです。基本的には無色透明に近ければ近いほどグレードが高くなり、黄色味を帯びているものは低い評価となります。この基本的な評価とはまた別に、カラーダイヤモンドといってさまざまな色味のダイヤモンドも人気を集めています。

クラリティー

透明度、という意味の言葉です。ダイヤモンドにプレミッシュと呼ばれる傷があったり、インクルージョンという不純物が混ざったりしていると、このクラリティーのグレードが落ちてしまいます。肉眼ではもちろん、10倍の拡大鏡を使ってダイヤをチェックし、このクラリティーを判断します。

蛍光性のメリット・デメリット

基本的な評価基準である4Cには直接関係ありませんが、ダイヤモンドの品質にも関わる特徴のひとつが「蛍光性」です。

蛍光性とは、紫外線を当てるとネオンのように輝く性質のこと。全体の30%前後のダイヤが、この蛍光性を備えています。

強いブルーの蛍光性があるおかげでダイヤが持っている黄色味が消え、カラーのグレードが上がることがあります。ですが逆に蛍光色が強くなりすぎると評価が下がることもあり、一概に良い・悪いとはいえないというのが実際のところです。

カラーイエローのダイヤモンドの価値

一般的に、黄色味の強いダイヤモンドは価値が低くなる傾向があります。できるだけ透明に近いものが良いとされているため、蛍光性にもメリットが出てくるわけですね。

その一方で、黄色味が濃く鮮やかなカナリーイエローのダイヤモンドには希少価値があり、高値で取引されることも。色合いがよくその他の基準の評価が高いと、カラーレスダイヤモンド以上の価値が認められることもあるのです。

評判・比較・口コミで選ぶダイヤモンドおすすめ買取店ランキング【最新版】
評判・比較・口コミで選ぶダイヤモンドおすすめ買取店ランキング【最新版】
ダイヤモンドの買取は、販売ルートを確保する体制が整っている買取店を選ぶのがポイントです。ここでは、そんなおすすめのダイヤモンド買取9 社を比較・分析して、現代人気のフリマアプリとネットオークションとも比べ、解説するととも…

関連記事