ダイヤの立て爪はもう古い?デザインと買取の関係性とは!

2019.06.142019.06.14

長年愛されてきたダイヤモンドだからこそ、昔のアクセサリーは立て爪などデザインも古いものが多いですよね。

そのままでもブランドやダイヤの質相応の買取査定をしてもらえるのか、リフォームをすべきなのか……ダイヤの買取価格を決めるポイントと合わせてご紹介します!

ダイヤの買取価格にジュエリーのデザインは関係あるのか?

ダイヤの買取価格を左右する一番大事な要素といえば、やっぱりダイヤモンドそのものの品質というイメージが強いですよね。実際ダイヤモンドという宝石そのものに価値があるため、他の宝石が使われたジュエリーとは異なり、ダイヤモンドがついてさえいればどんなアクセサリーであっても買取対応をしている、という業者がほとんどです。

ですが実は、ダイヤモンドが使われているアクセサリーの価格査定に関してはブランド品であるかどうか、そしてアクセサリーのデザインなども大きく関係してきます。

まず、ブランドものの指輪であるだけで、買取価格の相場が定価から計算して10%近く上がります。有名なブランドとしてのネームバリューはもちろん、品質が一定以上に保たれているという安心感、品質の良いダイヤを高い技術で加工しているという点から、買取価格も高くなるのです。

そしてデザインに関しては、商品として再販できるものかどうかという点で評価が分かれます。例えば指輪であれば、イニシャルが彫られていないなど、そのまま指輪として販売できるものであればそれだけ買取査定額も高くなるのです。

古すぎるデザインは、再販できない可能性も

例えば以前からある結婚指輪のデザインである立て爪など、古いデザインの指輪を処分したいとお考えの方も多いかと思います。

実際、立て爪のようなクラシックなデザインの指輪に関しては、そのまま買取査定に出すと低めの買取価格になってしまうこともあるようです。指輪として再販するには古いデザインである、という点がネックになっているのですね。それでもダイヤモンド、そして金属部分の素材価値は損なわれませんので、買取自体には対応してもらえることがほとんどです。

リフォームするべきか、そのまま買取に出すべきか

「古いデザインの指輪は高く買い取ってもらえないなら、事前にリフォームしてから買取に出すべきか」とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。ダイヤ部分だけを使って新しいデザインに生まれ変わらせることはもちろん可能ですから、試してみたいと感じますよね。

ただ、当然のことながらアクセサリーのリフォームにはコストがかかります。そのコストが買取価格を下回れば総合的にはプラスとなりますが、まとまった現金を手にしたい、という方にはあまり向きません。

ダイヤモンドの買取業者の中には、立て爪ダイヤの指輪であってもそのままで高価買取してくれるところもあります。買取に出すためだけにリフォームするよりも、まずはこういった業者を探して買取査定をしてもらい、その査定額をチェックしてみるのがおすすめですよ!

評判・比較・口コミで選ぶダイヤモンドおすすめ買取店ランキング【最新版】
評判・比較・口コミで選ぶダイヤモンドおすすめ買取店ランキング【最新版】
ダイヤモンドの買取は、販売ルートを確保する体制が整っている買取店を選ぶのがポイントです。ここでは、そんなおすすめのダイヤモンド買取9 社を比較・分析して、現代人気のフリマアプリとネットオークションとも比べ、解説するととも…

関連記事