ダイヤモンドの「原石」「ルース」は買取ってもらえる?

「ダイヤモンドの買取をお願いしたい」という方は非常に多くいます。しかしその実態は、それぞれの状況によって異なっています。ダイヤモンドの買取で最も一般的なのは「ダイヤモンドジュエリーの買取」ですが、それ以外にも「ダイヤモンド原石の買取」や「ルースの買取」を望む方もいるはずです。

ジュエリーの買取とはどう違うのか、「原石」「ルース」それぞれの特徴と買取してくれる店舗について紹介します。

ダイヤモンドの「原石」とは?

まずはダイヤモンドの原石について紹介します。原石とは、ズバリ「手が加えられる前の石の状態」を示しています。職人が手をかけることで、原石は美しいダイヤモンドへと生まれ変わるのです。

「宝石用」と「工業用」

ダイヤモンドの原石は、その質によって「宝石用」のものと「工業用」のものに分けられています。宝石買取専門店や複合型買取店で買取してもらえるのは、主に「宝石用」のダイヤモンド原石となります。

宝石用のダイヤモンド原石にも種類があり、以下の3つが当てはまります。

ソーヤブル

この中で、もっとも人気が高く高値で取引されているのがソーヤブルです。ピラミッドのような正八面体の形をしており、研磨しやすいという特徴を持っています。

一つの原石を無駄なくカットすることができますから、その分買取金額も高くなるでしょう。とはいえ、このソーヤブルに当てはまる原石は全体の約2割。貴重な石だと言えます。

メイカブル

メイカブルは、ソーヤブルのように規則正しい形をしていません。このため加工が難しいという特徴があります。腕の良い職人の手にかかれば、非常に優れたダイヤモンドに生まれ変わることも。

原石の段階でその価値を見極めるのは難しく、経験豊かな鑑定士に委ねる必要があるでしょう。

ニアー・ジェム

最後のニアー・ジェムは、一応「宝石用」に分類されているものの、極めて「工業用」に近いレベルの原石です。買取価格も低額になりがちですが、人工的な処理を加えることで美しく仕上げることも可能。

こちらも鑑定士の判断によって、査定金額が変わってくるでしょう。

ダイヤモンドの「ルース」とは?

次はルースについてです。ルースとは、研磨が終わり、ジュエリーになる前の状態のダイヤモンドのこと。カットや研磨の工程はすべて終えられているため、ダイヤモンドとしての価値はほぼ確定しています。

ダイヤモンドの購入では「ジュエリーの状態」で好みのものを選択する方法が一般的ですが、より自分の好みに近付けるため、「まずはルースの状態でダイヤモンドを入手し、その後じっくりと使い道を考える」方もいます。

購入したものの結局使わなかったダイヤモンドがあれば、ルースの状態で買取に出すことになるでしょう。

落石したダイヤモンドもルース扱い

またこれ以外にも、「もともとはジュエリーだったけれど、リングの爪やペンダント金具の破損で宝石が取れてしまった」などの場合も、ルースでの取引を選択することになります。

原石やルースは「買取不可」の店舗もアリ

さて、それぞれの特徴を持つ原石やルースですが、残念ながら「買取不可」と判断されてしまうケースも少なくありません。その原因としては、以下のような理由が挙げられます。

  • 原石の状態で買い取っても、研磨・加工ができない
  • ダイヤモンド原石の価値を正しく見極められず、リスクが高い
  • ダイヤモンド(ルース)の鑑定に自信がない

原石の状態から宝石にするためのスキルがなければ、ダイヤモンド原石も「ただの石」です。外部の企業に依頼する方法もありますが、コストを考えると、やはり高価買取は不可能になってしまいます。

鑑定力に自信がない買取店はNGに

また原石・ルース共に「確かな鑑定眼」は必須ポイントとなります。原石の価値を見誤れば、買取店が損をしてしまうことも…。経験が不足している場合、リスク回避の意味を込めて「買取不可」と判断されるでしょう。

ダイヤモンドジュエリーであれば、「ダイヤモンド+使われている地金の価値」で買取金額が計算されます。ルースでの買取は「純粋にダイヤモンドのみの価格」で勝負をするということ。お店にとっては、リスクも大きいというのが本音なのです。

買取店に行くときは事前に確認

ダイヤモンド原石やルースの買取では、ジュエリーと比較して難しいポイントも多くあります。だからこそ重要なのは、「買取を依頼する店舗を事前にしっかりと比較検討する」ということです。

原石やルースの買取を依頼するなら、以下の条件を満たす店舗を選択しましょう。

  • ダイヤモンドそのものの鑑定を得意としている
  • 原石・ルースの買取OK」とアピールしている

ダイヤモンドそのものの価値をきちんと見極めてくれる業者であれば、ルースや原石のままでも買取に対応してくれます。ダイヤモンドそのものの価値に応じた査定金額を、しっかり算出してくれるでしょう。

こうしたお店では、原石やルースの持ち込みも積極的に受け入れています。サイト上でもアピールしているケースも多いですから、ぜひチェックしてみてください。

ポイントをおさえて得になる買取店へ行こう

ダイヤモンドの原石やルースの買取では、ジュエリーとは少し違った目線で買取店を吟味することが大切です。「ジュエリーとしての価値」ではなく、「ダイヤモンドという宝石そのものの価値」を正しく見極めてくれる、信頼できるお店を選ぶようにしましょう。

情報を集めてみてもよくわからないときには、店舗に直接問い合わせてみるのもオススメです。「原石・ルースでも買取は可能ですか?」と聞いたときに、過去の実績を交えて教えてくれるような業者であれば、信頼してお任せできます。