ダイヤモンド買取で重要な「鑑定書」を解説!

ダイヤモンドの買取で、重要な意味を持つのが鑑定書です。ダイヤモンド販売時にセットになっていることも多い書類ですが、いったいどのような意味を持つアイテムなのでしょうか。

鑑定書に記載されている内容や、鑑定書がない場合の買取について、また意外と知られていない「鑑定書の種類」についての情報をまとめて紹介します。

ダイヤモンドの鑑定書に記載されている情報とは?

ダイヤモンドの鑑定書は、ダイヤモンドの鑑定を行った機関から発行される書類です。ダイヤモンドには、その品質をグレードわけするための基準「4C」が存在しています。

カラット・クラリティ・カラー・カットの4つで、品質が優れているダイヤモンドほど、価値が高いというわけです。これは国際的な基準で、鑑定書はこれに基づいて記載されます。

鑑定書の見方

  • Shape and Cutting Style(ダイヤモンドの形とカット方法)
  • Measurements(ダイヤモンドの寸法)
  • Carat Weight(重量)

これらの項目が記載されています。「ダイヤモンドの形とカット方法」「寸法」「重量」で、そのダイヤモンドの大きさと重さ、見た目の特徴を表しています。

  • Color Grade(色のグレード)/Clarity Grade(透明度のグレード)

色や透明度のグレードでは、特殊な記号を使ってダイヤモンドの品質を表しています。カラーグレードでもっとも良いのは「D」で、価値が下がるにしたがってアルファベットの「Z」へと近づいていきます。透明度のグレードはもう少し複雑で、「FL」が最高位、そこから「IF」「VVS1」「VVS2」「VS1」「VS2」「SI1」「SI2」と価値が下がっていきます。

  • Polish(表面の研磨状態)/Symmetry(左右の対称性)

研磨状態や対称性は、ダイヤモンドの見た目がいかに美しく仕上げられているかに関わる項目で、「Excellent(エクセレント)」から「poor(プアー)」までの5段階で評価されています。

  • Fluorescence(蛍光性)

最後に蛍光性ですが、紫外線を当てたときにどの程度青く光るかを評価した項目です。蛍光性が高いアイテムは買取時にマイナス査定の要因になってしまうことも…。鑑定書に「Very Strong Blue」や「Strong Blue」などの記載がある場合、注意が必要です。

鑑定書は保証書や鑑別書とは別物

ダイヤモンドの世界では、鑑定書のほかにも「保証書」や「鑑別書」と呼ばれる書類が存在しています。しかしこれらは、鑑定書とは別物なので注意してください。

保証書は販売店が独自で発行するもので、「商品の価値を保証し、サポート期間を示すため」の書類です。一方鑑別書は、科学的な検査を行った結果を示すための書類です。その宝石がどのような物質から生成されているのかを調べることで、宝石の種類を見極めることができます。

鑑別書はさまざまな宝石に対して発行されますが、鑑定書は基本的にダイヤモンドのみの書類となっています。

大きなポイント! 鑑定書の「発行機関」

あまり知られていませんが、ダイヤモンドを鑑定する機関はいくつもあります。発行する機関によってダイヤモンドの鑑定書に記載される情報、そして信頼性にも違いが存在しています。

非常に有名で、信頼度が高いと言われている二つの機関を紹介します。

GIA(Gemological Institute of America)

GIAはアメリカを中心にダイヤモンドの鑑定を行う大企業で、「4C」という基準を最初に採用した機関としても知られています。厳正で中立的な立場をとる鑑定機関として、絶大な信頼度を誇っています。

もし手元の鑑定書がGIAのものであれば、その信頼性は高いと判断されます。買取時にはぜひ持参するようにしましょう。

CGL(中央宝石研究所)

一方CGLは日本最大規模の鑑定機関です。ベルギーを拠点として活動する鑑定機関「HRD(Hoge Raad voor Diamont)と提携しており、非常に詳細な結果を記載してくれます。日本のダイヤモンドの多くは、こちらで鑑定が行われていると言われています。

  • そのほか

もちろんこれ以外にも鑑定機関は多くあり、例えば「EGL(European Gemological Laboratory)」は、ダイヤモンドの中でもカラーダイヤモンドの研究に特化した機関です。カラーダイヤモンドの鑑定であれば、非常に信頼性が高いと言えるでしょう。

実は、鑑定書がなくても買取は可能

ダイヤモンドの買取では、鑑定書があると有利と言われています。これはダイヤモンドの価値を裏付ける客観的な証拠が揃っていることで、買取店側も安心して買取できるためだと言われています。

しかしダイヤモンドの鑑定に自信があるお店であれば、鑑定書がなくても自身の目で見て、その品質を確かめることが可能。「鑑定書がない」というマイナス要素による影響を、最小限に食い止められることでしょう。

また鑑定書があっても、発行機関によっては「参考程度」にしか見てもらえないこともあります。鑑定書がない場合でも、気後れする必要はありませんから、まずは一度査定を受けてみると良いでしょう。

まずは鑑定書をチェックしてみよう

ダイヤモンドの買取について考え始めたら、まずは自身が所有する鑑定書の記載内容をチェックしてみましょう。そこには、肉眼では確かめられないような点も含めて、ダイヤモンドの品質に関わる情報がしっかりと記載されているはずです。買取相場を知るときの、目安としても働いてくれることでしょう。

鑑定書は買取金額にも影響を与えると言われていますが、確かな腕を持つ鑑定士が在籍していれば、その価値をきちんと見極めてもらえます。まずは一度査定に出してチェックしてみることをオススメします。