ダイヤの買取額が高くなるかも?! 押さえておきたいポイント

ダイヤモンドの買取価格は、いろいろなポイントによって変動します。買取価格が変わるポイントには、ダイヤモンドそのものの絶対的な価値はもちろん、付随する要素によるものもあります。

大切なダイヤモンドの買取価格を少しでも高くするために、日頃から意識しておきたいチェックポイントについてまとめました。

基本的なダイヤ買取のポイント

ダイヤモンドの買取価格を左右することになる査定のポイントについてご紹介します。一体どのような点に注目して査定が行われているのか、事前に知っておきましょう。

4C

4Cは、客観的にダイヤモンドの価値を判断するときに役立つ基準です。「カラット」、「カット」、「クラリティ」、「カラー」の4つの要素について、それぞれ評価が行われます。

カラット

カラットは、ダイヤモンドの重さがどのくらいあるかという基準です。大きさではなく、重さが判断のポイントとなります。当然、重ければ重いほど高価値なダイヤモンドとみなされます。

カット

カットは、ダイヤモンドをどのようにカット・研磨しているかによって決まるものです。カラット、クラリティ、カラーが天然のダイヤの価値を見極めるのに対して、カットだけは加工技術についての評価になります。ダイヤモンドは、優れたカット技術によって美しくきらめくことができるのです。

クラリティ

クラリティはダイヤモンドの透明度です。透明であればあるほど高評価になります。反対に、ダイヤモンドの中に内包物などが確認された場合、その大きさや位置によって評価が下げられることになります。

カラー

カラーはダイヤモンドの色です。高品質なダイヤモンドは、限りなく無色に近い色をしています。一方、安価なダイヤモンドは、淡い黄色みがかったような色合いです(※はっきりと色がついているカラーダイヤモンドはこの定義には当てはまりません)。

付属品

リサイクルショップや質店でダイヤモンド製品を購入するとき、アクセサリーが単体で売られている場合と、箱や鑑定書といった付属品がすべてそろっている場合では、どちらがより信頼できるでしょうか。

いくら「両方とも本物です」と言われても、何もついていないダイヤモンドよりは、新品購入したときについてきた箱や鑑定書がそろっているダイヤモンドの方を選びたいと思う方が多いでしょう。

もちろん、ダイヤモンドそのものの価値が高ければ、箱や鑑定書がなくても高価買取をしてもらうことは可能です。しかし、やはり付属品が揃っているものの方が高い査定額を期待できるのです。

信憑性のある鑑定機関

なお、鑑定書自体にも、「信頼性」の違いがあります。鑑定書を発行している機関はたくさんありますが、「GIA」や「AGTジェムラボラトリー」、「中央宝石研究所」などで発行された鑑定書は信頼性が高いとされています。

一方、宝石店の子会社などがあまり信頼できない鑑定書を発行しているというケースもあるので、注意が必要です。

アクセサリー

「ダイヤモンドを売る」と言っても、ダイヤモンドをあしらった指輪やネックレスを売るのか、それともダイヤモンドの石だけを売るのかによっても査定価格が変わります。やはり、売却しやすいのはすでに指輪やネックレスに加工されているダイヤモンドですから、より高額な査定が期待できます。

反対に、石だけの場合は買取を拒否されることもあります。リサイクルショップなどよりは、石だけでも買取をしている専門店に依頼してみるのが良いでしょう。

ダイヤモンドを高額買取してもらうために…

手持ちのダイヤモンドを少しでも高額で売却するために気を付けたいことについてまとめました。

傷付けない

ダイヤモンドは、傷がつきにくく、硬いといわれていますが、何をしても絶対に傷つかないというわけではありません。欠けや割れが入ってしまうこともあり、そのようなことがあるとダイヤモンドの価値は大幅に減少してしまいます。

手持ちのダイヤモンドの価値を損なわないためには、乱暴な扱いを避け、力仕事をするときや、傷つく恐れがあるときはダイヤモンドのアクセサリーはしないようにしましょう。

鑑定書の保管

鑑定士が在籍しているお店であれば、本物のダイヤモンドかどうか、また、どのくらいの価値があるものなのかは、鑑定士がしっかり確認することになります。しかし、ダイヤモンドの鑑定はとても難しいものですから、最終的な確認や、鑑定結果の担保として鑑定書が利用されることも多くなっています。

そのため、鑑定書がつくような高価なダイヤモンドを持っているのであれば、鑑定書も一緒に保管しておきましょう。いざ売却を考えたときに、鑑定書がなくて査定額が下がってしまったということにならないように、アクセサリーだけでなく鑑定書も大切にしなければいけないのです。

良いお店選び

ダイヤモンドの買取依頼を行うとき、どのお店に依頼を出すのかは、最終的な売却額にかかわる非常に大きな問題です。買取価格が高いかどうかは、過去の買取実績などからある程度は判断することができます。

まずは、お店のホームページで実績を確認してみましょう。宝石類の買取実績が多く、大体の目安がわかるお店や、鑑定の専門家が在籍しているお店を選ぶと、売却に失敗するリスクを減らせます。

できるだけ都市部がおすすめ

また、都市部に店舗を構えているお店は、競争相手が多いことと、売却できる可能性が高いことから、自然と買取価格も高くなる傾向にあります。都市部にはなかなか出向けないという場合は、無料で宅配買取や出張買取を行っているお店を選ぶのがよいでしょう。

ポイントを押さえて満足のいく買取を!

同じダイヤモンドでも、査定のポイントを知っておけば高価買取が期待できます。ここで紹介した方法を知っておき、査定額アップを目指しましょう。